竹内啓也さま

統合スポーツ共遊球技研究所」を設立し現在に至る。

障害のある方の優しい笑顔を目指したトッケンの「共遊」を応援します。

「共生」の時代を拓く21世紀初頭の10年代に,
昭和39年の創業より「夢のある遊具づくり」をしてきた
老舗の株式会社トッケンが「共遊レクリエーション」を
新たにラインアップしました。

遊びとスポーツにも重い障害のある人と共にする
「共遊」は不可欠です。

そのことで皆が「心と体に優しく」
「優しい笑顔」になれると信じます。

そのためにはチャンピオンスポーツ種目の「ルールを変えたり」
「工夫した用具を使用する」だけでは限界があります。

発想の転換と新種目の開発と商品化という
創造力が求められると考えます。

遊(ユウ)は同音異義語で優(ユウ)にもつながります。
 

◀視覚障害のある高齢者施設に勤務していた時の、障害ああっても皆で無理なく楽しめるスポーツを開発した経験を元に、ボウリングやビリヤードの要素を含んだ36種類のゲームを開発。

お年寄りや障害者の施設などでボランティア活動をしながら、「スロープを利用することで、誰にでも勝つチャンスのあるゲーム、すなわち技がちょっぴり、後は偶然」的なゲームの普及に務めている。

私も「共遊」を球技の分野で追求し、「スロープころりん5」として協力しました。
今後も共に「共遊」の文化をめざし応援します。




Fatal error: Call to undefined function related_posts() in /home/tokken1/tokken.net/public_html/wp-content/themes/tokken/single-5.php on line 31