米田陽子さま

はあとぴあキッズの作業療法士・米田陽子さま

こんな遊具があったらいいのに、という相談にのってくれるのがトッケンさんです

私は作業療法士をしておりますが、
今の職場では、子供たちの生活の中で
必要となる手先の使い方を見たり、
運動の基礎を作るための遊びを一緒に行ったりしています。

大人の方のリハビリと大きく違うのは、当たり前ですが、
準備した課題(遊び)を「やってください」と言って
「はい分かりました」とは取り組んでくれないところです。

子供たちがいかに使ってみたい、触ってみたいと思うものを使うか、
その中で作業療法としての課題を狙えるのか、
ということ考えながら道具やおもちゃを選んだり、
子供たちへの提示の仕方を考えたりしています。

子供たちに、楽しく安全にかつ機能的に使えるもの、
と考えて重要なのは、色使い、触り心地、
持った時に手に感じる重さ、大きさなど様々です。

一つの狙いにしぼったものなのか、
様々な場面で使える多目的なものなのか、
という目的によってもその作りは異なってくると思うのですが、

トッケンさんの商品には、そういった一つ一つの点に
配慮した 物が多いと感じています。

障害のある子供たちと接しているときに、
「あの子がこの遊びを楽しむためには、こんなものがあったらできるのにな」 と思ったとき、
相談に乗ってくださるのがトッケンさんです。

逆に、日ごろから様々なアイデアを持ち込んでくださって、
現場での子供たちとのかかわり方の幅を広げるきっかけも
たくさんいただいています。

ソフト吊り円筒

感覚統合運動に取り入れています。

トンネル用シート

これで肢体不自由のお子さんもトンネルが楽しめます♪

デコレーションケーキ

大きさや構造を改良していただき、 子供たちが構成を考えたり組み立てたりしながら、
楽しい誕生日会ができるようになりました。

 

素敵な遊具が生まれるその裏には、
実際に遊具を使っている現場に足を運び、 職員に意見を聞き、
ニーズを実現していこう、 今あるものをもっと改良していこうという
スタッフの方々の真摯な思いがある
ことを、
トッケンさんとお付き合いをさせていただいて感じています。

これからもよろしくお願い致します。




Fatal error: Call to undefined function related_posts() in /home/tokken1/tokken.net/public_html/wp-content/themes/tokken/single-5.php on line 31