事例紹介2022.08.01

オリジナル園庭遊具「PANEL DOME 15」ができるまで

 
こんにちは、デザイン室のYukiです。
少し前になりますが、保育園の園庭に設置する「複合遊具」を製作しましたのでご紹介します。

ーー

ご依頼者様からは「遊具でありながらもモニュメント感がほしい」、さらに「既存の遊具にはない『なんじゃこりゃ!?』なものにしたい」というご要望。それらを踏まえデザインしたのが「PANEL DOME 15」という、正三角形を張り合わせたドーム型の遊具です。

設置から完成までの様子を写真でご紹介します。

  

▲ 遊具本体をユニック車で運搬・設置します。

 

▲ 続いて、らせん階段も同様に設置していきます。

▲ 本体を基礎に固定し組み上げていきます。こちらはらせん階段の設置が終わり、ドーム部分のフレームを組んでいるところ。

▲ 穴あきパネル(トンネル)のアンカーを地中に埋めて固定するための穴を掘ります。なかなかの重労働。腰がやられます。。

▲ 穴あきパネルの位置を決めたあとは、すべり台の取り付け位置を確認していきます。取り付け自体はまた後日。

▲ 本体にパネルを取り付けていきます。取り付け位置を間違えないよう、仕様書を確認しながらすすめていきます。

▲ クライミングボードの取り付け。予めストーンを取り付けておいたボードをフレームに固定していきます。

▲ こどもの頭があたりそうな位置に保護材を貼っていきます。



▲ 以上で完成。現場での作業は途中雨の影響もあり、全4日間の工程となりました。

 
オリジナル園庭遊具の他にも、「こんなものをつくりたい」「あまったスペースの活用について相談したい」といった漠然とした内容でも構いません。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

pagetop