2020年8月23日、株式会社トッケンのWebサイトをリニューアルしました。

今回のリニューアルで、パソコンの他にもスマートフォンやタブレットなど様々な端末からも見やすいレスポンシブ対応になりました。また見たい情報にアクセスしやすいよう、デザインや全体の構成を改善しました。

これからはトッケンのことをもっと知っていただけるよう、内容の充実はもちろん、様々な情報を発信してまいります。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

企画開発室 Yuki

2013年11月から約7年間、毎月発行してきたトッケンだよりですが、82号をもちまして紙媒体での発行はいったんお休みします。理由は色々とあるのですが、ひと言でいうと「発信の方法としてベストではなくなってきた」ということです。

1ヶ月というサイクル、A4という限られたスペースでの内容、そして紙に印刷をして郵送するという方法。それら全てが段々とフィットしなくなってきたのです。

例えば内容。最初の頃の社内報的な内容ではなく、遊具メーカーとしてもっと本質的なことを発信したくなっていきました。そしてトッケンのお客様だけでなく、もっと多くの人に伝えたくなりました。それにはやはり「紙」ではなく「ウェブ」での発信がベストなのではないかと。

ウェブで発信するということ

トッケンの考えていること、やろうとしていること、やっていることを知ってもらう。そこから共感が生まれ、つながりが生まれます。この共感とつながりこそが「こどものあそび」の環境をより良いものにしていく原動力になっていくと考えます。

(この「こどものあそびの場をより良くしたい」という思いは、紙面内容のリニューアルを発表した2020年2月号にも書きましたが、その思いがより強くなってきたということですね)

遊具メーカーとして『こどものあそびをまじめにたのしく考える』というテーマの学びはずっと続きます。その学びは今後はこのウェブという媒体でシェアしていきます。

これまでのご愛読ありがとうございました。ウェブでの発信にもどうぞご期待ください!

2020年8月
トッケン企画開発室

2020年のトッケンだよりは、 ちょっとだけ変わります。

「トッケンの今をお便りします」というコンセプトで、社内の様々な出来事をメインに発信してきたトッケンだより。

今年はちょっと内容を変えて、私たちトッケンのモノづくりの根っこにある考え方、大切にしていることを読者の皆さんと共有していきたいと考えています。

「感覚統合」「36の基本動作」

トッケンが遊具の企画・開発をする上で、とても大切にしている2つのことです。具体的には、「身体が感じた様々なことを整理する脳のはたらき」であり、「人間の基本的な動きを分類した動作」のことを言います。

それぞれ、幼少期の身体をつくるうえでとても大切なことです。もっというと、主にこの2つのことからこども達は生きる力を育んでいきます。

こどものあそびに、夢と未来を。

トッケンの新しいスローガンです。こどもにとって生活のすべてが「あそび」であり、「あそび」から様々なことを学んでいきます。そんな「あそび」の場をより良く、より楽しくするために存在するのが、私たちがつくる遊具です。

トッケンだよりという紙面を通して、私たちも改めて、真面目に、そして楽しく「感覚統合」と「36の基本動作」について学んでいきたいと思います。その学びを読者の皆さんとシェアすることで、「こどものあそび」の場が、より良く楽しい場になると良いなあと思っています。

そして、トッケンの製品に込められた想い、考えを感じてもらえると嬉しいです。

企画開発室 森 行正

トッケンのロングセラー商品、運動会でも大人気の「プレイバルーン」。

こどものあそび場(=こどもがいる場所)に関わる人がたのしくなるような、グッドデザインのモノやコトを発信していくメディア、P_TREE(ピーツリー)さんにプレイバルーンを取材&特集していただきました!

コンテンツはプレイバルーンの魅力、使い方のほかにもトッケン営業部の後藤がインタビューに登場!商品のこだわりなどを語っております。

カタログだけでは伝えきれない内容が写真やイラストでたのしく・わかりやすく紹介されていますので、初めてご覧になる方も、すでにプレイバルーンをお使いの方も下記サイトからぜひ保存版としてご活用ください!

園で人気の遊具“プレイバルーン”って知ってますか?

pagetop